[第1回]魔法使いが詠唱をスマートにみせるために心がけていること8選

政治 A.C.0124年 05月01日09時00分

クリックして民の声を聞いてみよう!

5

魔法使いにとって、魔法の詠唱は自分を格好良く見せる一番のアピールポイント。中には詠唱を格好良くみせるためだけに発声練習を取り入れる魔法使いもいる程。本日は、そんな魔法使い達の陰の努力をご紹介します。

1. 魔法名を発声する前にセリフをつける
「いでよ、ファイヤーボール!」「こいよ!漆黒の雷竜ヴァルムンク!」「踊り狂え!ブラッディソードォォ!」などなど言われて見れば、大体の魔法使いが使っていますね。

2. 詠唱時に軽く風の魔法を使い、勢いを演出する
魔法を使う前にたなびくローブ。これ実は、自分の風魔法で風を作り、勢いを演出しているそう。なんとなく服がはためき、髪がざわついている方が魔法が強く見えるんですって。

(次回へ続く)

次へ

地球時間: 現地時間: