【サッカー】FCテンジン、渡辺監督退任。後任はエルフ族ロンバール氏。魔法色強める方針。

カルチャー A.C.0124年 06月28日18時00分

クリックして民の声を聞いてみよう!

7

本日17:00に開かれた魔法式サッカーチームFCテンジンの記者会見で、チームの現監督である渡辺清麻呂氏(58)が今シーズンをもって退任することを発表した。

渡辺監督は現役時代から魔法と身体技術の調和を提唱し、いち早く魔法をトレーニングに組み込むなど、率先して魔法式サッカーの時代を切り開いてきた。一方で最近の魔法偏重型の競技傾向には苦言を呈しており、サッカー連盟に対して魔法使用にルールを設けるべきと訴えていた。

今回の退任は、各チームが魔力の高いエルフ族選手を頻繁に起用していく中、健闘むなしくFCテンジンが二期連続でリーグ戦最下位となったため責任を取る形だ。後任にはエルフ族のセルゲイ・ロンバール氏(41)が監督に就くことになっている。

FCテンジンの古くからのファンは今回の発表に落胆の色を見せつつも「魔法を使った試合は見てて楽しい。」「派手になるからチームのファンも増えるのではないか。」と期待をのぞかせた。

次へ

地球時間: 現地時間: