老人ホームで人種差別、エルフ税としてジュースを高額で販売。

社会 A.C.0124年 05月09日22時00分

クリックして民の声を聞いてみよう!

5

カンザ都市同盟北東部の老人ホーム「みらくるメモリー」の経営者マイケル・ホンダ容疑者が人種差別法違反で訴えられていたことがわかった。マイケル容疑者は今年の市長選に出馬予定だった。

訴えたのは、施設に親を預けていたエルフ族の男性。話によると、「みらくるメモリー」では種族よって月額の費用が違っており、中でもエルフとダークエルフについては特別な課税措置が取られていた。

例えば、売店のジュースやお菓子などには通常の消費税に加え「エルフ税」として+30%料金が上乗せされていた。

種族毎の料金の差異についてマイケル容疑者は、「エルフはよく周囲とトラブルを起こしたいたので、割に合わないと思ってやった。」とコメントした。

次へ

地球時間: 現地時間: