[新種発見]カンザ都市同盟で「後ろ歩きスライム」を発見。

カルチャー A.C.0124年 05月03日10時20分

クリックして民の声を聞いてみよう!

6

カンザ都市同盟の魔物愛好家団体「ベンジャミン」が新種のスライムを発見した。

新種のスライムは、ゼリー上の2本の足が生えている2足歩行が可能なスライム。
ただし後ろにしか歩けず、前には歩こうとしない特殊な習性をもっている。

こうした魔物の奇形種は、人間の生活空間の近くに生息する魔物に多く見られ、ここ数ヶ月間で、「腹八つ割れスライム」「ツンデレゴブリン」など様々な奇形種が都市部に確認されている。

ザインシュタイン博士によると、この現象は人間の生活が魔物の進化を促している顕著な例になるということだ。

次へ

地球時間: 現地時間: