独裁国家アギレム正規軍、東セルヴィナ海で遭難。

社会 A.C.0124年 04月30日20時40分

クリックして民の声を聞いてみよう!

5

魔王軍との戦争に協力するため、海路でグランドール王国を目指していた独裁国家アギレムの正規軍が東セルヴィナ海域で遭難したとの連絡が入った。

東セルヴィナ海は、海中に生息する魔物の影響で霧が出やすく潮目も変わる魔の海域。

知らせを受けた、グランドール城に滞在中のアギレム国防大臣チャランポン氏の親衛隊は、リオーネ姫の膝蹴りを喰らい気絶したチャランポン氏をまごまごと見つめた。

見かねたリオーネ姫が「私が起こしてあげるわ。」とチャランポン氏の頬に平手打ちをかました。

意識を取り戻したチャランポン氏は酒のせいか、幸いにも求婚騒動を全く覚えていなかった。事情を聞くと、早急に国に戻り捜索隊を出すことを決定した。

次へ

地球時間: 現地時間: