[第3回]妖精と友達になるための5つのアイディア

社会 A.C.0124年 05月01日12時15分

クリックして民の声を聞いてみよう!

6

妖精といえば、私達人間にとって神聖で不可侵な存在でした。ところがここ数年で妖精達がテレビに出演するようになり、妖精がより身近な存在となりました。そのため妖精達と一緒に仕事をする人が増え、その自由奔放さにストレス性胃炎になる者もいるとか。

そこで今回は専門家に聞いた、妖精達と友達になるためのいくつかのアイディアをご紹介します。本日は3回目。

3. 妖精にあわせてコスプレをする。
花の妖精なら、花。水の妖精なら水。妖精は自分のルーツに対して親しみや愛着をもっています。もし妖精と友達になりたいと思うなら、第一印象の好感度をあげるためにルーツに合わせたコスプレをするのは非常に友好な手段のようです。

某テレビ局で妖精のドキュメンタリー番組を制作したディレクターは、馬糞の妖精の密着取材をするため、体中に糞を塗りたくって友好関係を築いたそう。そのプロ根性には賞賛に値します。

もちろん馬糞でボディーペイントをしなくとも、例えば水の妖精と接するときにはブルーの服、花の妖精には香水など、ルーツを連想させる方法でも十分効果的なようです。ちょっとした努力で、親近感を持ってくれるなら、是非トライしてみたいですね。

(次回へ続く)

次へ

地球時間: 現地時間: